白髪が増える理由は?

白髪

若い時に白髪が多いと何かと年齢以上に見られてしまう事があります。

 

老けて見えるというのはあまりうれしい事ではありませんが、男性の場合には、逆にダンディーに見えるという時があるので、人それぞれと呼べるかもしれません。

 

女性の場合には、老けて見えやすいというのがあるから結構白髪染めを多用するというのが多いかもしれません。

 

ヘアカラーだと白髪を染めた時に色が入りすぎるので不自然に見えやすいのですが、今では白髪染め用のトリートメントがあるので、結構自然な仕上がりに見えやすいのが特徴です。

 

白髪はそもそも髪の毛でも毛根の一番深くに球根状に膨らんでいる毛乳頭という部分があります。植物とかでいう根っこの部分です。そこに毛細血管などから栄養が運ばれてきます。

 

毛乳頭の周りには毛母細胞と呼ばれる部分があります。毛乳頭に運ばれてきた栄養はこの毛母細胞と呼ばれるところで栄養を使って髪の毛を製造していく事になります。

 

毛母細胞が活発に働いている場合には髪の毛はしっかり成長していきます。元々毛母細胞が作り出す髪の毛には色がありません。

 

作り出した髪の毛にメラノサイトという色素細胞がメラニン色素を髪の毛に取り込むことで黒い髪になっていきます。

 

メラノサイトは毛乳頭の周りで増えていくのですが、何らかの原因でメラノサイトが増えなくなり、色素がない状態の髪が成長しやすくなることで白髪が増えると言われています。

 

 

 

 

 

白髪は何故出来るの? おすすめサイト